看護師にとっての食事介助

カテゴリー

食事介助の仕方

本質的な意味では人間の病気や怪我を人間が治すというのは実は行うことができず、人間が本来持っている治癒能力がきちんと機能するように補助するのが医療や看護の役割という考え方もありますが、そうした観点に立てば患者の体力や治癒能力の源泉である食事の介助は、看護師のとても重要な仕事と言えるでしょう。

Pocket

食事介助の重要性

入院患者の方は1人1人病状や症状が異なりますし、入院理由とは無関係にアレルギーなどを持っていたりすることもあるので、1人1人に合わせた適切な食事を提供することが大切です。また自力での食事が困難な方には咀嚼のサポートなどが必要な場合もありますし、患者がきちんと食事をできているかどうかを確認することは一種のバイタルサインの確認とも言えます。

事前準備が重要

患者1人1人に合わせた適切な食事介助を行うためには事前準備がとても重要になるのですが、この場合の事前準備とは患者の方の排泄のサポートです。もし患者の方が食事中に便意や尿意を催してしまった場合、本人の食事は阻害されますし大部屋の場合他の入院患者の方の食事も邪魔してしまいかねません。万が一にも漏らしてしまった場合は本人も周囲の人間も食事どころでは無いでしょう。しかし人間は食事を行うと消化器官が刺激されてしまうので、トイレに行きたくなってしまいます。そのため食事の前に排泄を済ませられるトイレの誘導などには気を配るべきなのです。

咀嚼の介助がポイント

実際に食べさせる場合の注意点ですが、特に咀嚼や飲み込みの力が落ちている方には気を配ってあげてください。とはいえここで安易に食事を咀嚼を必要としない流動食などに変えてしまうと患者はますます体力を失ってしまいますので、時間をかけてでも本人の力で咀嚼し飲み込めるように導いてあげましょう。例えば食事を食べやすいよう1口サイズに切ってあげたり、時間がかかって食器の返却が遅れても構わないように手配してあげたりすることなどが大切です。

観察する項目

食事の介助はただ食事をサポートすれば良いというものではありませんので気をつけてください。患者がどのように食事をしているのかの様子から健康状態などを把握することも重要です。なおその際の観察項目ですが、まずはきちんと本人が咀嚼して飲み込むことができているかどうか、また咳き込んだりはしていないかどうかをチェックすると良いでしょう。またそもそも患者が食欲を持っており、食事に対して意欲的かどうかも重要な観察項目です。それに食事の前と後で極端に疲労することがあるかどうかもチェックすると良いでしょう。