看護師の転職とスキルアップ

カテゴリー

スキルアップのための転職

看護師が継続的にスキルアップしていくことが可能かどうかはある程度所属する病院によって決まってしまいます。確かにコミュニケーションの技術などは患者と接する機会さえあるのであればどの病院でも磨くことが可能ですが、看護技術に関しては病院がどれだけ先進的な医療や看護に挑戦しているのかによって、どこまで自分が技能を高められるのかが変わってきます。

Pocket

転職という選択肢

上述のような理由により、看護士として高度な看護技術を身につけスキルアップしていきたいと思った時に、今の環境が相応しく無いのであれば転職をせざるを得ない場合も多いのです。また現在日本社会で深刻な看護師不足が続いており、看護師の求人はどの地域でもたくさんあって引く手数多です。環境としては転職しやすいと言って差し支えないでしょう。

スキルアップの目的を考える

もし転職を真剣に考えているのであれば、そもそも転職の目的であるスキルアップについて今一度真剣に考えましょう。スキルアップのための転職であれば今までと異なる環境で働くことになるので、良い変化もあれば悪い変化も生じます。そうした時にこんなはずではなかったと後悔することの無いよう、事前によく考えシミュレーションすることは大切です。
またスキルアップに合わせてどのようなキャリアを歩んでいきたいのかも考えると良いでしょう。例えば同僚看護師のマネジメントやチーム医療、チーム看護に精通し管理職の道を目指すというキャリアもあります。逆に看護師として専門性を高めていき、スペシャリスト的な働き方をしていきたいという場合もあるでしょう。ただどういったキャリアやビジョンを持つかによってどのようなスキルアップを行うべきか、またどういったところにどのような条件で転職をするべきかも変わってきます。

判断のポイント

看護師は今でも女性の多い世界ですので、スキルアップや転職を考える場合は結婚や出産とのバランスをどう取るのかも真剣に考えなければなりません。特にスキルアップのための転職であれば、結婚はともかくすぐに出産し産休と育休を取得するというのは難しいという場合もあるでしょう。また今の生活が安定している場合は本当に今の安定を捨ててまで無理にスキルアップやキャリアアップを追わなくても良いのでは無いかという思いも抱くと思います。
転職やキャリアプランニングに正解というものは無いので、悩む場合は時間の許す限り悩んでみるのも良いでしょう。その過程で自分の価値観や軸、転職について判断するべきポイントが明確になり、自然と行動に移れるようになる場合もあります。